カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
バックナンバー
カテゴリー
原発のこと
チェルノブイリ事故の時、私は学生でした。
あまりよく現実をわかっておらず、でも、
母が買ってきた「チェルノブイリクライシス」
という本を見て、恐ろしいと感じていました。

そして、この日本で、原発事故が起きました。
爆発の映像を見て、背中からぞわぞわと恐怖が
広がりました。
この事故をきっかけに原発の様々な用語を
知りました。
TVのニュースからは、連日「今、このような
ことが、起きています。でも、大丈夫です…」

どこかで違和感を感じつつも、日常を取り戻す
ことを優先してしまっていた。

放射能は本当にやっかいなものだと思う。
目に見えないなんて。
匂いがないなんて。
そして
『すぐには、影響がありません』だなんて。

だけど、一番やっかいなのは、報道だ。
原発の反対派として、その恐ろしさを何年も
主張して来た人たちは、ほとんど主要メディアに
出ていない。出る事が許されない。
知らず知らずに思い込まされている『大丈夫です…
安全です…』という嘘。

ほんの一部の権力者の意図のまま、未来を、子ども
たちを奪われるなんて、とんでもないことだ。

ちゃんと、知らなければいけないと思う。
そして、ひとりひとりが、声を出さなくちゃと
本当に思うようになった。
現に福島で『年間20ミリシーベルト』というとん
でもない国の基準が、子ども達を守るお母さん達の
声で『年間1ミリシーベルト』になった。

40年前、日本が、世界が、原発をどんどん押し
進めていた時に「危険だ」と気がつき、反対を
続けている京都大学の小出裕章先生のお話は、とても
わかりやすかった。

youtubeでも講義内容が聞けます。

http://hiroakikoide.wordpress.com


http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110515_5049.php
| 原発 | 23:13 | comments(3) | - |
| 1/1PAGES |